2種類のアドセンス広告の作り方と配置個所について

ここでは、アドセンスを利用している方向けのアドセンスの作り方と配置方法を解説します。

プラグインを使えば簡単に設置できるので一緒にやってみてください^^

 

アドセンスで広告ユニットを2種類作成する

 

2つの種類の広告を表示させることで、クリックされやすい広告を作成していきます。

リンク広告を作成する

 

グーグルアドセンスの広告の項目から新しい広告ユニットをクリック。

テキスト広告とディスプレイ広告を選択します。

 

 

①には自分がちゃんと管理できるように分かる名前を付けます。

後で説明する際に分かりやすいので、ここではブログ用1と記入してください。

②広告サイズの表示中の所をリンク広告に変更します。

③保存してコードを取得をクリック。

 

テキスト広告とディスプレイ広告を作成

先ほどと同じように進めていきます。

 

今回は、①に名前をつけるだけでOKです。

ブログ用2と記入しておいてください。

②の部分がこの画像と同じことを確認して、③をクリックで完了です。

 

Advanced Adsで記事の3か所に広告を配置する

 

上記画像の配置で広告を設定していきます。

 

アドセンスIDの設定

設定に必要になるので、以下の場所からアドセンスIDを確認しておきましょう。

pub-から始まるものがIDです。

 

続いて、Advanced Adsのプラグインをインストールして有効化したら、設定を開いて画像の赤枠の方をクリック。

 

①にアドセンスIDを貼りつけて、下の方にある保存ボタンをクリックで完了です。

 

広告の設定1つ目

1つ目の広告の位置の設定を行います。

広告の項目をクリック。

ここのタイトルには、見出し1の上と記入しましょう。

下の方にあるというボタンをクリックして、広告パラメーターに広告のコードを貼りつけます。

 

順番としてはまずSponsored Link<br>という文字を入れる必要があるので、以下のような順番になります。

Sponsored Link<br>
ブログ用1で名前を付けて作ったリンク広告
ブログ用2で名前を付けて作ったテキスト広告とディスプレイ広告

広告と広告の間には1行間を開けます。
以下を参考にしてください。

をクリックします。

 

表示条件では投稿タイプを選択して追加。

投稿をクリックして、次をクリックします。

 

以下のような画面が表示されるので、赤い枠と同じものを選択。

 

OKをクリックします。

 

広告の設定2つ目

1つ目と同じ用に新しい広告位置の設定をしていきます。

2つ目は、見出し3の上という名前にしておきましょう。

ここでは、ブログ用2で名前を付けて作ったテキスト広告とディスプレイ広告のみを貼りつけます。

Sponsored Link<br>の文字も忘れないでくださいね。

あとは、先ほどと同じ設定を行ってください。

 

広告の設定3つ目

最後の3か所目の広告位置の設定をしていきます。

記事下というタイトルを付けておきましょう。

上記は1つ目の個所と同じ設定です。

下の配置位置は、画像と同じものを選んでください。

 

続いて、1つ1つの一の設定を確認します。

設置をクリックして、あとは以下と同じように 配置を設定してください^^

 

すべてのオプションをそれぞれ3つ開いて、配置を中央にしておきましょう。

 

これで設定は終了です。

広告の表示を確認しておいてください(*^^*)