Wordの蛍光ペンの色が濃すぎる!薄い色で線を引く方法を図解入りでお伝えします♪【無料レポート】

こんにちは、chieです(^^)

 

今回は、Wordで文字に色の付いた線を引きたい時に、
蛍光ペンの濃い色ではなく薄い色で線を引ける方法

について図解入りで詳しく解説します。

 

 

この記事のようにWordで文字に色のついた線を引こうとすると、
通常は蛍光ペンを使用しますよね。

すると、こんな感じの濃い色しか選択できないんです…(;^ω^)

濃すぎ!目がちかちかする!何か主張が強すぎる!

 

という事で薄い色で線が引ける方法を探したところ、
納得できるものを発見できました♪

 

という事で、解説していきます^^

 

Wordの蛍光ペンは濃いものしか選択できない

 

Wordで文字の上に色のついた線を引こうとして
蛍光ペンを選択しても、そもそも濃い色しか選択できません。

この色を使って強調したいところやちょっとしたポイントに
色を付けると、主張が強すぎる感が否めません(;^ω^)

 

私はこれがどうしても気になって、でも色は付けたいし…。

という事で、暫くレポートで嫌々使っていました。

 

でも、『これだー!』

という色の線の引き方を発見しましたので、
あなたにもお伝えしますね^^*

 

塗りつぶしで背景色を変える

 

その方法とは、ズバリ、

蛍光ペンではなくて塗りつぶしで背景色を変える

という方法です♪

 

塗りつぶしでは、ここを使っていきます。

 

見た方が早いので、早速やってみますね。

 

 

これはWordの画面です。

まず、これが蛍光ペンで引いた時の色です。

 

 

 

そして、これが塗りつぶしで色を付けた場合です。

うん!丁度良い色です(*^^*)

主張が強すぎなくていいですね♪

 

蛍光ペンと塗りつぶしの違い

 

近づけてみるとよく分かるのですが、
蛍光ペンは色のつく範囲が広いです。

ちょっとの違いですが、
個人的には塗りつぶしの方が
スッキリしていて見やすく感じます^^*

 

おススメの塗りつぶしの色

 

塗りつぶしを選択すると、色んな色を選択できます。

基本的に使うのは黄色ですよね。

 

その場合、その他の色をクリックします。

かなり細かく色が選択できますが、
この中で私が色々試した中で一番おススメ出来るのは、

真ん中から3番目の黄色です。

細かいですけど 笑

 

色を選択したら、OKをクリックすれば使えるようになります。

 

 

ただ、好みもあると思うので、
どの色が一番しっくりくるか色々と試してみてください♪

 

まとめ

 

これで、蛍光ペンの主張強すぎ感から脱する事が出来ましたね♪

 

持つ印象は人それぞれだと思うのですが、
私にはあの蛍光ペンの色の濃さはどうしても違和感がありました。

 

これを見ろ!強調したぞ!

みたいな圧、感じませんか(;^ω^)?

 

同じように感じる人もいるよね、という事で
今回このような記事を書いてみました^^

 

おお~、これ探してた!

と思っていただけたら幸いです♪

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

      ■私が「就職」ではなく「ネットビジネス」という生き方を選択した理由
      ■自由を手に入れた今の現状
      ■あなたに伝えたい、ネットビジネスにおいて大事な考え方

などについての音声講座(無料メルマガ)を配信しています^^*

メルマガ

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です