無料FTPソフト【FileZilla】のインストール方法とエックスサーバーに接続する方法

こんにちは、chieです(^^)

 

今回は、FileZillaのインストール方法とエックスサーバーに接続する方法
について図解入りで詳しく解説します。

 

FileZilla(ファイルジラ)はFTPソフトの1つなのですが、
FTPがまず分からない人が殆どだと思います。

その部分についてまず、説明していきますね。

 

FTPとは

 

FTPの訳は、ファイル転送プロトコルと言います。

プロトコル=約束事
の約束事とは、データを送受信する為のルールの事です。

この通信方法(FTP)を利用する事で、
サーバーにファイルをアップロードする事ができます。

サーバーにアップロードする事により、自分以外の他のユーザー
もそのファイルを見れるようになります。

 

例えば、以下のURLをクリックしてみて下さい。
↓↓↓
https://chie-okodukai.com/otamesi.pdf

 

PDFファイルが開きましたよね。
これは、FTPを利用してアップロードしたファイルです。

 

このURLをメルマガで共有する事で、メルマガ読者様にも
URLを見せる事ができます。

 

このように、サーバーにファイルをアップロードし、
他のユーザーがURLをクリックする事によって
見れるようにする機能を、【FTP】と言います。

 

FTPソフトとは

 

FTPソフトは、あなたが今使っているパソコンと
サーバーとの間でデータ(ファイル)のやり取りを
する為(FTP)に必要な専用ソフトウェアです。

 

 

そして、FileZilla(ファイルジラ)は、FTPソフトの1つです。

 

FTPソフトは、レンタルサーバーに契約した後

そのサーバーにアクセスしたり、
ファイルをアップロードする為に必ず必要になります。

 

FTPソフトFileZillaをお勧めする理由

 

FTPソフトFileZilla以外にも多くの種類があります。

今回このFileZillaをお勧めする理由は、

多くのアフィリエイターを始めとして、プロのプログラマーや
 web製作者にまで広く使われており、信頼性が高い。

セキュリティ面が優れている。

という点です。

 

もちろん、完全に無料で利用できます。

他のFTPソフトに慣れていて変えたくないな・・。
というような場合を除き、
まずはFileZillaを利用する事をおすすめします。

 

FileZillaのインストール方法

 

ではさっそく、FileZillaをインストールしていきましょう♪

 

まずは、下記のリンクからFileZillaの公式サイトにアクセスします。
↓↓↓
FileZilla公式サイト

 

Download FileZilla Clientという文字をクリックします。

 

 

画面が切り替わります。

Show additional download optionsをクリック。

 

 

これは、対応するパソコンのOSを選択する画面です。

 

 

お使いのパソコンのOSを確認するには、
画面の左下にあるエクスプローラーをクリック。


右上の、システムのプロパティをクリック。

 


システム情報が表示されました。

システムの種類を確認してください。

 

 


お持ちのパソコンのシステム情報に合ったものをクリックします。

 

ここでは64ビットになっていましたので、
FileZillaWindows(64bit)
FileZilla_3.3.1_win32-setup.exe (recommended)
をクリックします。

Windows(32bit)の場合もそうですが、
(recommended)と表示がある方をクリックして下さい。

 

◎【実行または保存しますか】
という表示が出た場合は、【実行】をクリックして下さい。

◎クリック後ダウンロードが始まり、ファイルが表示
された場合は、ファイルをクリックして【実行】して下さい。

 

 

インストールの為の設定画面が表示されますので、

以下のやり方に沿ってインストールを完了してください。

 

License agreement(規約への同意を求める画面)
が表示されるので、【I Agree】(同意します)をクリック。

ここからは、特に設定を変える必要はありません。

Choose installation optionsの画面で【Next】をクリック。

Choose componentsの画面で【Next】をクリック。

Choose Install Locationの画面でNextをクリック。

Choose Start Menu folderの画面で【Install】をクリック。

インストール終了後に現れる画面で、【Finish】をクリック。

 

これでインストールは完了です(^^)

 

FileZillaが起動したと思いますので、続いて
FileZillaの画面の見方と、エックスサーバーに接続する方法
について解説していきます。

 

 

FileZillaの画面の見方の説明

 

FileZillaが起動すると、このような画面が表示されます。

この画面の見方ですが、

左側が【ローカルサイト】、右側が【リモートサイト】です。

 

ローカルサイト
→現在使用しているパソコンのフォルダとファイルを
 表示させています。
 フォルダの中身まで細かく確認する事が可能です。

 

リモートサイト
→レンタルしたサーバーの中にあるファイルや
 フォルダを表示させます。
 表示させるにはサーバーの接続の設定が必要です。
 なので今はまだ何も表示されていません。

 

 

サーバーの接続の設定が必要。

という事で分かるとは思いますが、

FileZillaのインストール後サーバーに接続して初めて

サーバーとパソコン間でのデータのやり取りが可能になります。

 

という事で、続いてレンタルサーバーに接続していきましょう。

 

FileZillaをサーバーに接続する

 

サーバーに接続する設定を行います。

 

まず初めに、エックスサーバー契約時に届いた

【Xserver】■重要■ サーバーアカウント設定完了のお知らせ (試用期間)
というメールを開いてください。

 

この赤い枠で囲っている部分。

FTPホスト】【FTPユーザー】【FTPパスワード

が、FileZillaとのサーバー接続設定に必要な情報です。

 

このメール画面は開いたまま、FileZillaを表示させてください。

画面左上にある、サイトマネージャを開く.をクリック。

 

 

サイトマネージャが開きます。

まずは、新しいサイトをクリック。

新規サイトという項目が追加されます。

そのまま、名前の変更をクリック。

ここでは分かりやすく、エックスサーバーと記入しましょう。

 

 

 

メールに記載されていた情報を入力していきます。

には【FTPホスト】の情報。

は【匿名】から【通常】に変更して下さい。

には【FTPユーザー】の情報。

には【FTPパスワード】の情報。

まで設定出来たら、接続をクリック。

 

 

このような画面↓が表示された場合、OKをクリックします。

 

画面右側にサーバー情報が表示されましたね。

これでサーバーの接続は完了です(^^)

 

サーバー接続後のFileZillaの画面についての説明

 

このような画面が表示されます。

見にくいので画面右側のリモートサイトを拡大します。

 

画面上部に表示されているのが、

サーバー内にあるドメインの情報です。

 

エックスサーバー契約時に作った○○○xsrv.jpというドメインと、

取得した独自ドメインの2つが表示されていると思います。

 

 

ブログのドメインをクリックして、
少し下にスクロールした所にあるpublic_htmlをクリックして下さい。

リモートサイト:/ブログのドメイン/public_html
という表記になっていればOKです。

 

下の画面に表示されているのが、
public_html内のサーバーの設定情報やファイル情報です。

※public_html内に既にあるファイル情報は、絶対に消したりしないで下さい。

 

エックスサーバーにファイルなどをアップしたい時には、

このpublic_html内にアップしていく事になります。

 

次回からの接続方法

FileZillaを開くたびにサーバー接続が必要なのですが、

次回からは【サーバー】→【再接続

をクリックする事で簡単に接続が出来ます。

 

その際にまたこのような画面が表示されますが、

毎回OKをクリックすれば大丈夫です。

 

 

まとめ

 

FileZillaのインストールお疲れ様でした(^^)

 

画面の見方については理解できたと思います。

次回は、サーバーにファイルをアップする方法

について解説します^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です