WordPressの記事に挿入したテキストや画像のリンク切れを知らせてくれるプラグイン【Broken Link Checker】

こんにちは、chieです(^^)

今回は、ブログ記事に挿入したURLのリンクや画像が機能しなくなった(表示されていない)時に教えてくれるプラグイン【Broken Link Checker】のインストールと使い方について、図解入りで詳しく解説します。

 

ブログ記事に挿入したリンクや画像、ちゃんとチェック出来ていますか?

記事がまだ少ないうちは各記事をチェックする事が出来ますが、記事が多くなってくるほどに全てを確認するのは難しくなってきますよね(^^;)

 

せっかくあなたの記事を読んでくれている人が、記事のリンクをクリックしてサイトに繋がらなかったり画像が表示されていないのを見たらがっかりします。

そんな時に役に立つのが、【Broken Link Checker】です。

どの記事のどのリンクや画像が機能しなくなったのかというのを、ダッシュボードやメールで知らせてくれる凄く助かるプラグインです。

 

そんなつもりは無くても、うっかりの操作ミス等でリンク切れを起こしている可能性もあります。

私はそれで助けられた経験がありますので、その時の状況についても記載しています。

 

Broken Link Checkerのインストール

 

インストールを行います。

まずは、ワードプレスのダッシュボードから【プラグイン】【新規追加】をクリック。

 

左上の検索窓にBroken Link Checkerと入力し、
今すぐインストールをクリック。

 

有効化をクリック

これでインストールと有効化は完了です^^

 

Broken Link Checkerの設定

 

続いて、設定を行いましょう。

設定】→【リンクチェッカー】をクリック。

 

Broken Link Checker のオプションが表示されました。

設定する項目は一般タブのみで良いです。
画像やリンクを検出する設定はすでにされています。

 

機能していないリンクがあった場合、この部分に、リンクエラーを発見しました。という表示が出ます。

どのくらいの時間でリンクをチェックする作業をするかという設定です。

デフォルトでは72時間になっていますが私は48時間にしています。

あまり短い時間にすると、その分ブログに負担がかかってしまいます。

リンクエラーが検出された時に、あなたのメールアドレスに通知するかどうかを決めます。

デフォルトではWordPressで設定してあるメールアドレスに届きます。
他のメールアドレスを指定したい時は入力して下さい。

デフォルトでチェックが入っています。
リンク切れのテキストが検出された場合、そのテキストはブログの記事内でこのように真ん中に線が付きます。

 

設定に関しては以上です^^

 

リンク切れが判明した時の設定方法

 

リンク切れの通知はメールでも届きますが、一番目にするのはダッシュボードからの通知だと思います。

ダッシュボードには、このように常にBroken Link Checkerの状態が表示されています。

今回は、わざとリンクの切れたテキストリンクを投稿してみました。

投稿して暫くすると、このようにリンクエラーを検出してくれます。

 

ダッシュボードでエラーの通知を発見した場合、〇個のリンクエラーを発見しましたという文字をクリックします。

すると、リンクエラーの一覧が表示されます。

URLを編集をクリックすると、リンクの編集画面が表示されます。

単にURLの綴り間違いの場合、ここで編集すれば大丈夫です。

 

リンク解除をクリックすると、全ての投稿記事の中に挿入している同じリンクが削除されます。

誤作動のリンクエラーの場合、ここをクリックする事でこの一覧から削除され、通常と判断されます。

この一覧からリンクを非表示にする事が出来ます。

再確認をクリックすると、もう一度リンクチェッカーがリンク切れかどうかを確認してくれます。

 

リンク切れが判明したら、この画面で対処するようにして下さい^^

 

このプラグインのおかげで重大なミスに気が付けました

 

ちなみに私は、このプラグインのおかげでメディアに追加した画像を削除するとブログ内の画像がリンク切れを起こす
という事を知りました・・(^^;

ブログを書き始めたばかりの頃で、

何かメディアに画像が貯まってきたな~ここらへんの画像はもう記事に載せたし、削除しておこう。すっきりするし^^

と、今考えると恐ろしい事をやらかしました。

メディアにある画像ファイルが記事内で作用する訳ですから、ファイルを消したら記事の画像も消えてしまいますよね。

 

やらかしてしまった次の日、メールを見ると25個のエラーとの事。

焦りながらダッシュボードのエラーの文字をクリック。

初めてみるズラーっと並んだエラーに、プチパニックでした。

 

おそるおそるURLをクリックしてみると、

該当ページの画像が全てこんな感じで消えてしまっていました(^^;

 

バックアップ出来るプラグイン、【WP-DBManager】はインストールしていましたが、

このプラグイン、画像ファイルのバックアップには対応していないんです。

これも、この時初めて判明しました。

 

なので、この記事のここはこの画像だったよな~

というのを、パソコンに保存してあった画像の中から探して、編集して。

と、かなり面倒な作業をしました。

 

ワードプレスの操作に慣れていない頃はよく分からないままとんでもない事をやらかしている可能性があります。

あなたも気をつけて下さいね(;^ω^)

 

まとめ

 

これで、記事内のリンク切れチェックは完璧ですね!

自分で確認するのは大変ですから、こうして定期的にチェックしてくれるのは凄く助かります(^^)

リンクのチェックに関しては安心して、Broken Link Checkerに任せましょう♪