WordPressの一番簡単なパーマリンクの設定方法!【記事を書き始める前に確認】

こんにちは、chieです(^^)

今回は、ワードプレスをインストールしたら記事を書き始める前に設定すべき、一番簡単なパーマリンクの設定方法を解説します。

 

パーマリンクは、一言で言うと各記事のURLの事です。

WordPressではデフォルトで設定されているものの他に、自分で好きなように設定をする事が出来ます。

その中でも、一番簡単設定後何もする必要のないパーマリンクの設定方法を解説します。

 

パーマリンクとは

 

パーマリンクとは、記事1つ1つのURLの事です。

この記事で言うと、ブログのドメイン以降のこの部分の事を指します。

 

また、パーマリンクのパーマは【permanent】の略で、永続するという意味を持ちます。

変化しない固定的なリンクという風にも言われますが、その名の通り、一度設定をして固定化したら途中で変える事はしない方がいいです。

 

途中でパーマリンクを変えない方が良い理由

 

一度パーマリンクを設定すると、各記事に固定のURLが割り当てられます。

その為、記事が増えてきた頃に設定を変えてしまうと、投稿していた記事の全てのURLが変わってしまいます。

つまり、それまでにSNSなどで紹介していた記事のURLをクリックしても、記事が表示されなくなったりリンク切れを起こしたりと、デメリットしかありません。

 

パーマリンクの設定に関しては、検索するとどのパーマリンクが一番最適かなどの情報が沢山出てきます。

その中でも、一番簡単設定後はそのままでOKなパーマリンクの設定方法をご紹介します。

 

パーマリンクの設定方法と表示の仕方の確認

 

さっそく設定をしていきましょう^^!

ワードプレスのダッシュボードから、【設定】→【パーマリンク設定】をクリック。

 

設定画面が表示されました。

カスタム構造という部分を設定していきます。

空欄の部分にはあらかじめ書かれている文字がありますが、それは消してしまって大丈夫です。

消した代わりに、/%post_id%.htmlと入力してください。

 

入力したら、変更を保存をクリックで設定は完了です。

 

これで、投稿した記事にはこのようにブログのドメイン以降に

数字.html

 

固定ページには、このようにブログのドメイン以降に

page-数字

という風に表示されるようになります。

数字の部分が、各記事のページごとに異なる部分です。

 

まとめ

 

パーマリンクの設定には、記事を投稿するたびにURLを編集しなくてはいけないものなどがあるのですが、

今回ご紹介した設定では、何も編集をする必要が無いのでとても楽です♪

WordPressプレスをインストールしたら早めに設定するようにして下さいね^^

 

PINGOO!でping送信!より早く記事を検索エンジンにインデックスしてもらう方法を解説♪